18.08.07 ダイアリー

「ただつけるだけ」じゃない、ブローチのおしゃれな楽しみ方

この記事をシェア

 
みなさま、こんにちは。
 
ひとつあるだけで、いつもと違う雰囲気を演出できるコスチュームジュエリーやブローチたち。 
petite robe noire から、コットンパールブローチの新作が仲間入りします。 
 

ブローチ:PRN182701 
 
こちらの大玉のコットンパールでも、見た目に反して羽のような軽さです。ブローチの重さでお洋服が痛むのが心配な方にも安心してお使いいただけます。 
 

ブローチ(左):PRN182703  
ブローチ(右):PRN182701 
ブローチ(三連):PRN182705  
 
一粒つけるだけでもふんわりとした明るい空気をまとうことができるほか、サイズの異なるものを一緒につけることで、よりお楽しみいただける幅が広がります。
 

 
ブローチのつける向きを変えるアレンジも。ブローチ同士の間隔が違うだけで、違うお洋服を見ているようです。 
 
ブローチの針先に多めに布地を取ると、ブローチが寝ころぶことなく、ピンと立って見えます。ゆるやかな雰囲気にしたいときは、取る布地を少なめにしてみてくださいね。 
 

ブローチ(上):PRN182701 
ブローチ(下・二連)PRN182704 
 
お洋服の衿元につける印象が強いブローチですが、バッグにつけてもすてきです。 
遠目で見ても「自分のもの」とわかる嬉しさはひとしお。バックへの愛着がより一層増しそうです。 
 

ブローチ(左上):PRN182703 
ブローチ(右下):PRN182702 
 
「ネックレスにブローチをつける」という楽しみ方も。 
ネックレスがより立体的になり、存在感もプラスされます。 
 
こちらの記事では、クリップ式のブローチをご紹介しております。今回とはまた異なる使い方をご紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。 
 
コットンパールのブローチは、直営店では8月10日から発売、online boutiqueでは本日より予約販売を開始いたしました。発売をどうぞお楽しみに。 

Recommend news

View all news